ゴルフクラブブランドの種類と魅力

ドライバーのブランドと魅力

 

 

ゴルフクラブのメーカーは非常にたくさんありどれ選んだら良いのか分からない、と頭を抱えてしまう人もいるでしょう。よく知られているブランドとして少しあげるだけでも、外資系のキャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイド、すでにゴルフ業界から撤退していますがナイキなどがあげられます。また日本のブランドとしてはミズノ、ブリヂストン、ヤマハ、ダンロップ、ヨネックスなどがよく知られているブランドです。

 

本間ゴルフといった高級ブランドやカタナゴルフといった個性派ブランドもあります。ドライバーで人気のあるブランドはタイトリストやキャロウェイ、またダンロップなどがあります。外資系メーカーと国産メーカーを比較すると、国産メーカーの方が日本人の体型に合わせた設計になっているので使いやすいと感じる方も多いようです。

 

それぞれのブランドによって特徴やデザインが異なっています。
しかし最近の工業技術ではブランドごとに大きな性能差はないといえるかもしれません。ゴルフ始めて間もない方であれば、ブランドで選ぶというよりは、見た目やスイングした時の感覚など自分のフィーリングにあったクラブを探す方がよいでしょう。

 

実際にドライバーを手に取ってみて振ってみると、素材や重さなどによって振りやすさに違いがあることに気づくことでしょう。ドライバーを選ぶ際には着実によいショットを量産するために打ちやすいドライバーを選ぶと良いでしょう。でもどんなドライバーがよいのでしょうか。

 

まずはドライバーのヘッドが大きく芯が広いものを選ぶことです。そうすれば打球を遠くに飛ばす確率が増えます。ヘッドが460ccのものを選ぶと良いでしょう。

 

またシャフトは柔らかめのものを選ぶとヘッドスピードを上げることができます。またロフト角度が大きいものを選ぶと良いでしょう。そうすればヘッドスピードが速くなくてもボールを上げることができ飛距離を稼ぐことができます。

 

以上の点をおさえたならあとは先ほど述べたようにデザインや構えた時にしっくりくるドライバーを選ぶと良いでしょう。
実際にドライバーを握って構えてみるとわかると思いますが、グリップの大きさはショットにとても影響するのでちょうどよい大きさのものを選択するようにしましょう。

 

パターの選び方とブランドごとの違い

パターは大きく分類すると3つのヘッド形状に種類分けすることができます。「ピンタイプ」「マレットタイプ」「ネオマレットタイプ」です。それぞれのタイプによって特徴が違いますので自分にあったタイプのバターを選ぶことが大切です。ピンタイプはヘッドが細いのが特徴で、構えやすく操作しやすいのが特徴です。

 

マレットタイプはかまぼこ型とも言われていますが重心位置がヘッドの後方にあるというのが大きな特徴です。これがストロークにどのように影響するかというと、バターがぶれにくく直線的なイメージでストロークできることになります。

 

ネオマレットタイプは個性的なヘッド形状が特徴でそれによりヘッドがぶれづらくミスをしにくいストロークをすることができると言われています。

 

他のクラブと同様方もそれぞれのブランドが技術開発に力を入れているので一概にどこがよいという事は出来ませんが、人気があるブランドとしてはオデッセイを上げることができます。多くのトッププロがこのパターを使用しているようです。種類が非常に豊富なのでパター選びに迷ったらこのブランドに絞って探してみてください。

 

またタイガーウッズが愛用していることでも知られるスコッティーキャメロンも人気のあるブランドです。精錬されたデザインが特徴です。

 

ゴルフクラブでスコアが変わる

ゴルフのスコアが伸びるかどうかは自分の腕次第だと思っていますか。答えは正解でもあり間違いでもあります。確かに良いクラブを持っていても練習なので腕を磨かなければいつまでたっても上達しません。しかし練習してもなかなか上達しないと感じているのであれば持っているクラブを思い切って変えてみるとスコアが伸びるかもしれません。

 

クラブを選ぶ際に大切なのは高価なものを買うのではなく自分にあったクラブを買うことが非常に大切です。人によって体格が違いますし、ヘッドスピードも違います。ロフトやアイアンのライ角、シャフトの硬さやグリップなども意識してクラブを選ぶと本当に自分のあったゴルフクラブに出会うことができ、さらにスコアが伸びていくでしょう。

 

ゴルフショップで計測をしてもらえるところもあるのでそのデータをもとにクラブを選ぶならより自分にあったもの出会えるでしょう。
ゴルフはもちろん腕が求められますが、自分にあったクラブを持つということも大事です。

 

まとめ

クラブを揃えることはゴルフの楽しみのひとつです。初心者であればショップの人と相談しながらデザインや自分のフィーリングにあったクラブを選ぶとよいでしょう。

 

ゴルフクラブにはいろいろなブランドがありデザインも様々です。いろんなショップに足を運んで実際に手に取ってみましょう。

 

スコアが伸び悩んでいる人はもう少し踏み込んで、それぞれのクラブの特徴を理解し自分にあったクラブを手に入れると良いでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連ページ

ゴルフの基本とプレイ方法
ゴルフとはどんなスポーツなのでしょうか?よくニュースでは世界ツアーやプロゴルファーの獲得賞金などが話題になります。社会人になると取引先の付き合いでゴルフを始めるということもあります。
ゴルフクラブの種類と使い分け
ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離が出るため、主にティーショットに使われるクラブです。ドライバーは「ウッド」というクラブの種類の中の1つで「1番ウッド」(1W)とも呼びます。しかしどちらかと言うと「ドライバー」という呼称のほうがよく知られています。
ゴルフを練習する方法とコツ
ゴルフの練習といえばやはり王道なのは打ちっぱなしに行って練習をするという方法でしょう。実際に打ちっぱなしの練習場に行ってみると多くの人で賑わっています。みんなゴルフが上手くなりたいという思いで打ちっぱなしに通っている方が多いと思います。
ホールインワン保険とはなにか
ゴルファーであればだれでもいちどは経験したいと思う偉業がホールインワンでしょう。たった1打でボールをカップに沈める、これ以上の快感はゴルファーにはありません。ホールインワンを達成できる確率は非常に低く、一生に一度達成できるかできないかと言われる程の確率です。
ゴルフコースの仕組みとまわり方
ゴルフコースでプレイを楽しむときはラウンドを回る流れを頭に入れておくと、スムーズにプレイができてゴルフ充分に楽しむことができるでしょう。まずゴルフ場への到着ですが、少なくともスタートの1時間から1時間半前には着くように家を出発しましょう。
ゴルフのルールとマナーの基本
ゴルフはプレイする上でのルールがあります。ルールは意外とたくさんありますが、全部覚えなければプレイできないというわけではありません。基本的なルールを覚えておけば、プレイを楽しむことができます。
知名度の高いゴルフの大会とその概要
今年は日本勢の中では松山英樹選手が活躍し多くのゴルフファンを楽しませてくれた全米オープン。この全米オープンは古い歴史があり、世界のゴルフトーナメントの中でも最も盛り上がりを見せる選手権の一つでもあります。全米オープンは正式には全米オープン選手権といい英語ではU.S.Open Championshipと表記されます。
ゴルフに必要な道具と揃えるのにかかる金額
ゴルフクラブ一式揃えるのにお金がかかりそうと思ってしまう方が多いのは事実です。ゴルフは紳士のスポーツと言われ格式の高いイメージがあるからです。では実際にゴルフをするためにどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
10%安く買うならライザップゴルフオンラインがおすすめ
ゴルフをこれから始めようと考えて、ライザップゴルフのレッスンを申し込まれた方にお得な情報があります。まだゴルフ用品を何も持っていないとか、これからゴルフショップを回ろうかと考えているなら、ぜひネットショップをご利用ください。
無料カウンセリングの中身と申込方法
ライザップゴルフに入会するかどうか迷っているなら、まずは「無料カウンセリング」を申し込んで見ると良いでしょう。入会前なら料金が全く発生しませんのでカウンセリングを受けた後に自分が良いと思えば入会できますし、自分には合わないと思えば入会しなければ良いのです。
ゴルフスクールの料金相場
ゴルフが早く上達したいと思っているなら、ゴルフスクールに通うことをお勧めします。自分1人の練習では気付けない点や正しいフォームなどをインストラクターからきちんと教えてもらうことができるからです。
個人でできるゴルフの練習内容
どんなスポーツでもそうですが、上達には練習が欠かせません。ゴルフもまた同じです。ゴルフの場合頻繁にラウンドに出ることがなかなか難しいので、日頃の練習が実際にラウンド回ったときのスコアに大きく影響します。
ゴルフの打ちっぱなしの魅力と活用方法
クラブを新しくしたりゴルフを始めたばかりの人は、まずクラブに慣れることが上達の第一歩です。それぞれのクラブの素材や特性によってショットした時の感覚が違いますから、実際にボールを打ってみて慣れていくことが大切です。