ゴルフに必要な道具と揃えるのにかかる金額

ゴルフクラブ一式とその費用

 

 

ゴルフクラブ一式揃えるのにお金がかかりそうと思ってしまう方が多いのは事実です。ゴルフは紳士のスポーツと言われ格式の高いイメージがあるからです。では実際にゴルフをするためにどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

まずはクラブからです。購入方法としてはフルセットと言われる必要なクラブが全て揃ってキャリーバッグもついて販売されているものを買うか、一本一本自分にあったものを探して購入するかのどちらかを選びましょう。

 

試しにネット通販サイトでフルセットを検索してみると人気商品にキャロウェイのクラブ10本とキャディバッグがセットになったものがヒットしました。
クラブの内容はドライバー、5番ウッド、5番から9番のアイアン5本、ピッチングウェッジ、サンドウェッジ、パターとなっています。値段は49,680円でした。もしもっと安く済ませたいと思うなら、ゴルフの中古ショップに行って一式を揃えるというのも費用を抑える方法です。

 

2〜3万円で一式揃うでしょう。ゴルフ初心者であればクラブは7本ほどあれば事足ります。ゴルフ場にはクラブを14本まで持ち込んで良いことになっていますが、それだけ持ち込めるからといって14本揃える必要はありませんし、何より最初のうちはすべてのクラブを使いこなせないので最低限必要な分だけを購入すると良いでしょう。

 

もし1本づつ選んで揃えたい方はドライバー(1W)、7番アイアン、8番アイアン、9番アイアン、サンドウェッジ、ピッチングウェッジ、パターを揃えましょう。最初のうちはこれだけ揃えれば十分ゴルフを楽しめます。もちろんお金に糸目をつけないのであれば10〜30万円以上する高級なフルセットなどもあります。

 

グローブやバッグの費用

ゴルフのグローブはグリップに大きく影響するので良いものを選ぶことが大切です。でもだからと言って高いものを選ぶ必要はありません。自分の手にしっかりフィットするものを選びましょう。

 

シープ、エチオピアシープといった天然皮革のものが使いやすいと感じている方が多いようです。タイトリストなどの大手ブランドで天然皮革のものでも2,000円でお釣りがくるぐらいの値段で購入することができます。

 

キャディバッグは新品で1万円後半から4万円ほどで販売されていますが、中古ショップではもっと安く購入できますし、フルセットにはキャディバッグもセットになっているものも多いです。

 

ゴルフボールはセール品のものだと1ダースで千円ちょっとで手に入ります。ロストボールなら30球で千円ぐらいです。ティーは千円以内で購入できます。

 

ゴルフシューズは安いものだと5千円ほどで販売されています。平均的な価格は1万円から2万円といったところです。

 

ゴルフ場はドレスコードもあるのでゴルフにあった服を持っていない場合は購入する必要があるでしょう。

 

ゴルフブランドのウェアは高めですがポロシャツやチノパンなど量販店で安くで購入できます。最近ではユニクロでもゴルフウェアを扱っており比較的安価でなおかつ機能性に優れたものを手に入れることもできるのでオススメです。ウェアにかかる費用は1万円以内といったところでしょう。

 

ラウンドを回るのにかかる費用

それぞれのゴルフ場やパブリック制か会員制か、また週末は平日かでも料金に若干の違いが生じます。平均的には平日のパブリックゴルフ場だと約10,000万円で食事と18ホールをキャディ付きでプレイすることができます。セルフプレーだと8,000円ほどです。

 

会員制だと平日で12,000円ほどになるようです。また週末になると料金がさらに上がり平日の約1,5倍ほどになるようです。ゴルフ場によっては平均価格の半額でプレイできるところもあるようです。

 

また河川敷にあるゴルフ場では8,000円以下のところもあります。また18ホールではなく9ホールでプレイできるところもありプレー料金は3〜5,000円とかなりリーズナブルに設定しているところもあります。

 

まとめ

ゴルフをする際にかかる費用がだいたい分かっていただけたでしょうか。最初はクラブや道具を一通り揃える必要があるので初期費用はかかってしまいます。

 

大まかに計算してみるとクラブフルセット(キャディバッグ込み)50,000円+グローブ2,000円+ティー1,000円+ゴルフボール1,000円+ゴルフシューズ10,000円+ゴルフ用ウェア10,000円=74,000円となりました。

 

もちろんこれよりももう少し安くで揃えることも可能でしょうし、こだわって道具を選んでいけばもう少し高くなっていくことでしょう。

 

ラウンドを回るのにかかる費用は平均すると約10,000円前後といったところでしょう。曜日や場所を選べばもう少し費用を抑えることもできそうです。

 

こうした出費を高いと捉えるかそうでもないと捉えるかは人によってそれぞれでしょうが、自然の中で気持ちよくプレーをして友人たちと時間をすごしリフレッシュできると思えば、意外と大きな出費ではないかもしれませんね。

比較ページへのリンク画像

関連ページ

ゴルフの基本とプレイ方法
ゴルフとはどんなスポーツなのでしょうか?よくニュースでは世界ツアーやプロゴルファーの獲得賞金などが話題になります。社会人になると取引先の付き合いでゴルフを始めるということもあります。
ゴルフクラブの種類と使い分け
ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離が出るため、主にティーショットに使われるクラブです。ドライバーは「ウッド」というクラブの種類の中の1つで「1番ウッド」(1W)とも呼びます。しかしどちらかと言うと「ドライバー」という呼称のほうがよく知られています。
ゴルフを練習する方法とコツ
ゴルフの練習といえばやはり王道なのは打ちっぱなしに行って練習をするという方法でしょう。実際に打ちっぱなしの練習場に行ってみると多くの人で賑わっています。みんなゴルフが上手くなりたいという思いで打ちっぱなしに通っている方が多いと思います。
ホールインワン保険とはなにか
ゴルファーであればだれでもいちどは経験したいと思う偉業がホールインワンでしょう。たった1打でボールをカップに沈める、これ以上の快感はゴルファーにはありません。ホールインワンを達成できる確率は非常に低く、一生に一度達成できるかできないかと言われる程の確率です。
ゴルフコースの仕組みとまわり方
ゴルフコースでプレイを楽しむときはラウンドを回る流れを頭に入れておくと、スムーズにプレイができてゴルフ充分に楽しむことができるでしょう。まずゴルフ場への到着ですが、少なくともスタートの1時間から1時間半前には着くように家を出発しましょう。
ゴルフのルールとマナーの基本
ゴルフはプレイする上でのルールがあります。ルールは意外とたくさんありますが、全部覚えなければプレイできないというわけではありません。基本的なルールを覚えておけば、プレイを楽しむことができます。
知名度の高いゴルフの大会とその概要
今年は日本勢の中では松山英樹選手が活躍し多くのゴルフファンを楽しませてくれた全米オープン。この全米オープンは古い歴史があり、世界のゴルフトーナメントの中でも最も盛り上がりを見せる選手権の一つでもあります。全米オープンは正式には全米オープン選手権といい英語ではU.S.Open Championshipと表記されます。
ゴルフクラブブランドの種類と魅力
ゴルフクラブのメーカーは非常にたくさんありどれ選んだら良いのか分からない、と頭を抱えてしまう人もいるでしょう。よく知られているブランドとして少しあげるだけでも、外資系のキャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイド、すでにゴルフ業界から撤退していますがナイキなどがあげられます。
10%安く買うならライザップゴルフオンラインがおすすめ
ゴルフをこれから始めようと考えて、ライザップゴルフのレッスンを申し込まれた方にお得な情報があります。まだゴルフ用品を何も持っていないとか、これからゴルフショップを回ろうかと考えているなら、ぜひネットショップをご利用ください。
無料カウンセリングの中身と申込方法
ライザップゴルフに入会するかどうか迷っているなら、まずは「無料カウンセリング」を申し込んで見ると良いでしょう。入会前なら料金が全く発生しませんのでカウンセリングを受けた後に自分が良いと思えば入会できますし、自分には合わないと思えば入会しなければ良いのです。
ゴルフスクールの料金相場
ゴルフが早く上達したいと思っているなら、ゴルフスクールに通うことをお勧めします。自分1人の練習では気付けない点や正しいフォームなどをインストラクターからきちんと教えてもらうことができるからです。
個人でできるゴルフの練習内容
どんなスポーツでもそうですが、上達には練習が欠かせません。ゴルフもまた同じです。ゴルフの場合頻繁にラウンドに出ることがなかなか難しいので、日頃の練習が実際にラウンド回ったときのスコアに大きく影響します。
ゴルフの打ちっぱなしの魅力と活用方法
クラブを新しくしたりゴルフを始めたばかりの人は、まずクラブに慣れることが上達の第一歩です。それぞれのクラブの素材や特性によってショットした時の感覚が違いますから、実際にボールを打ってみて慣れていくことが大切です。