ホールインワン保険とはなにか

ホールインワンに関わる慣習

 

 

ゴルファーであればだれでもいちどは経験したいと思う偉業がホールインワンでしょう。たった1打でボールをカップに沈める、これ以上の快感はゴルファーにはありません。ホールインワンを達成できる確率は非常に低く、一生に一度達成できるかできないかと言われる程の確率です。

 

達成できれば生涯を通して自慢できる偉業でしょう。でもご存知だったでしょうか。多くの人がこの以上達成したいと思っている反面、実際に達成すると手放しでは喜べない一面があるからです。

 

それはホールインワン達成をお祝いするという慣習にあります。どうしてそれが喜べせないのでしょうか。それはこのお祝いはコンペの参加者や一緒にプレーヤーした人たちからお祝いしてもらうのではなく、ホールインワン達成者がお祝いを皆にふるまうというものだからです。

 

記念品を作り、記念樹を植え、パーティーを開いたりご祝儀をキャディにあげたりと全ての出費をなぜか達成者が負担するということになっているからです。その額はあまり想像したくない額になっていしまうこともあるようです。でもどうしてこのような慣習があるのでしょうか。

 

これには日本人ならではの考え方が影響しています。ホールインワンという偉業は一生に一度達成できるかできないかのありえない出来事。そのようなありえない出来事に出会ったので、これ以上のありえないこと(悪いこと)が起きないように厄除けの意味を込めてお祝いをするようになったと言われています。

 

 

ちなみに外国ではそれほど大きな偉業とは捉えられていないようで、実際ホールインワンを達成しても仲間たちでビールを飲んで盛り上がるくらいで済むようです。このお祝いは日本ならではの慣習と言えます。

 

賞金だけにとらわれないように

ゴルフの大会では賞金が用意されているものがありますが、アマチュア選手の場合は日本ゴルフ協会の規定により賞金を受け取った時点でアマチュア資格を失うことになっています。

 

ただ競技に参加するだけなら資格規則に違反することにはなりません。
唯一ホールインワン賞だけは受け取ることができます。しかしゴルフのラウンド中に達成したものだけに限られています。

 

ホールインワンを達成した際にかかる出費は思いのほかかさむので、賞金を頼りにするのは賢明ではないでしょう。

 

ホールインワン保険の目的と具体的な内容

さてホールインワンが予想外の出費になることがわかりましたが、そこをカバーしてくれるのが保険会社が提供している商品の一つの「ホールインワン保険」または「ホールインワン特約」です。これは単体の商品ではなくゴルファー保険に含まれている商品になります。

 

ゴルファー保険とはゴルフのプレイ中に起こりうる事故などを保障するサービスです。例えば打ったボールが誰かにあたり怪我をさせたり、建物を破損・損傷をさせてしまった時や、プレー中に自分が怪我をしたりクラブが故障したり盗難にあったりした時などに適用される保険です。そのサービスの一部にホールインワンやアルバトロスを達成した場合の出費を保障するという内容が含まれています。

 

具体的な保障内容は記念祝賀会や記念コンペ大会の費用、キャディさんへのご祝儀や参加者への記念品贈与、記念樹の設置費用を保障するものとなります。

 

保険金が下りない場合もあります。原則としてキャディの同伴がないセルフプレーの場合には保険対象外になってしまいます。また海外のコースでの達成、ゴルフ場経営者が自分のゴルフ場で達成した、ゴルフ場で働いている人がその仕事先のゴルフ場で達成した場合も対象外になります。

 

セルフプレーでも保険がおりることがありますがその対象になるためには、同伴者以外の第3者の目撃と証明書に署名か記名捺印がもらえる場合や、ティーショットからボールがホールインワンするまでの一部始終がビデオ撮影されており、それを提出できること、といった条件を満たす必要があります。

 

通常のゴルフ保険は積み立てタイプと掛け捨てタイプがあります。掛け捨てタイプは掛け金がやすいので加入しやすいのが特徴です。積み立てタイプは掛け金が少し高くなりますが保障の内容が充実しており、ゴルフ以外のスポーツ中の事故などにも対応してくれる場合があります。

 

たまにしかゴルフに行かないという人には加入期間が一日というゴルフ保険があり、費用も数百円ととても負担しやすい金額なのでオススメです。

 

保障内容は通常の保険とほぼ変わりない内容となっているので安心です。自分の状況にあったタイプを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

ホールインワンは人生で最高の瞬間となる反面、その後のことを考えるとあまり狙いたくない偉業だと感じるかもしれません。

 

でもホールインワン保険に入っていれば心おきなくプレーを楽しむことができます。いつもプレーを楽しまれる方だけでなく、付き合い程度でゴルフをされる方にも加入期間が一日で数百円の掛け金の保険があります。

 

十分にプレーを楽しむためにもゴルフを楽しまれる方は入っておいて価値のある保険と言えるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連ページ

ゴルフの基本とプレイ方法
ゴルフとはどんなスポーツなのでしょうか?よくニュースでは世界ツアーやプロゴルファーの獲得賞金などが話題になります。社会人になると取引先の付き合いでゴルフを始めるということもあります。
ゴルフクラブの種類と使い分け
ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離が出るため、主にティーショットに使われるクラブです。ドライバーは「ウッド」というクラブの種類の中の1つで「1番ウッド」(1W)とも呼びます。しかしどちらかと言うと「ドライバー」という呼称のほうがよく知られています。
ゴルフを練習する方法とコツ
ゴルフの練習といえばやはり王道なのは打ちっぱなしに行って練習をするという方法でしょう。実際に打ちっぱなしの練習場に行ってみると多くの人で賑わっています。みんなゴルフが上手くなりたいという思いで打ちっぱなしに通っている方が多いと思います。
ゴルフコースの仕組みとまわり方
ゴルフコースでプレイを楽しむときはラウンドを回る流れを頭に入れておくと、スムーズにプレイができてゴルフ充分に楽しむことができるでしょう。まずゴルフ場への到着ですが、少なくともスタートの1時間から1時間半前には着くように家を出発しましょう。
ゴルフのルールとマナーの基本
ゴルフはプレイする上でのルールがあります。ルールは意外とたくさんありますが、全部覚えなければプレイできないというわけではありません。基本的なルールを覚えておけば、プレイを楽しむことができます。
知名度の高いゴルフの大会とその概要
今年は日本勢の中では松山英樹選手が活躍し多くのゴルフファンを楽しませてくれた全米オープン。この全米オープンは古い歴史があり、世界のゴルフトーナメントの中でも最も盛り上がりを見せる選手権の一つでもあります。全米オープンは正式には全米オープン選手権といい英語ではU.S.Open Championshipと表記されます。
ゴルフクラブブランドの種類と魅力
ゴルフクラブのメーカーは非常にたくさんありどれ選んだら良いのか分からない、と頭を抱えてしまう人もいるでしょう。よく知られているブランドとして少しあげるだけでも、外資系のキャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイド、すでにゴルフ業界から撤退していますがナイキなどがあげられます。
ゴルフに必要な道具と揃えるのにかかる金額
ゴルフクラブ一式揃えるのにお金がかかりそうと思ってしまう方が多いのは事実です。ゴルフは紳士のスポーツと言われ格式の高いイメージがあるからです。では実際にゴルフをするためにどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
10%安く買うならライザップゴルフオンラインがおすすめ
ゴルフをこれから始めようと考えて、ライザップゴルフのレッスンを申し込まれた方にお得な情報があります。まだゴルフ用品を何も持っていないとか、これからゴルフショップを回ろうかと考えているなら、ぜひネットショップをご利用ください。
無料カウンセリングの中身と申込方法
ライザップゴルフに入会するかどうか迷っているなら、まずは「無料カウンセリング」を申し込んで見ると良いでしょう。入会前なら料金が全く発生しませんのでカウンセリングを受けた後に自分が良いと思えば入会できますし、自分には合わないと思えば入会しなければ良いのです。
ゴルフスクールの料金相場
ゴルフが早く上達したいと思っているなら、ゴルフスクールに通うことをお勧めします。自分1人の練習では気付けない点や正しいフォームなどをインストラクターからきちんと教えてもらうことができるからです。
個人でできるゴルフの練習内容
どんなスポーツでもそうですが、上達には練習が欠かせません。ゴルフもまた同じです。ゴルフの場合頻繁にラウンドに出ることがなかなか難しいので、日頃の練習が実際にラウンド回ったときのスコアに大きく影響します。
ゴルフの打ちっぱなしの魅力と活用方法
クラブを新しくしたりゴルフを始めたばかりの人は、まずクラブに慣れることが上達の第一歩です。それぞれのクラブの素材や特性によってショットした時の感覚が違いますから、実際にボールを打ってみて慣れていくことが大切です。