ゴルフの基本とプレイ方法

ゴルフの基本を学ぼう

 

 

ゴルフとはどんなスポーツなのでしょうか?よくニュースでは世界ツアーやプロゴルファーの獲得賞金などが話題になります。社会人になると取引先の付き合いでゴルフを始めるということもあります。

 

ゴルフはメンタルスポーツと言われることもあるぐらいメンタルが結果に大きく左右するスポーツです。もちろんフィジカル的な要素も十分にありますが、心の状態や集中力、気持ちの迷いなどがとても影響するためにそう言われることがあります。

 

ゴルフはテレビで見たことがある方も多いと思いますが、決められた道具を使ってボールを打ち穴に入れ、打った回数を競うスポーツです。打った回数が少ない人が勝ちとなります。18の異なったコースがありそれぞれのコースの大きさやレイアウトに違いがあります。各ステージには規定打数というのがあります。

 

その規定打数よりも少ない打数でボールを穴に入れることができれば良い成績を残すことができ、また逆に基準打数を超えた打数になると成績は悪くなります。

 

ゴルフ用語を覚えよう

ボールを打つ道具を「クラブ」といいます。クラブには大きく分けると3つの種類に分類でき、飛距離が伸びる「ウッド」、中飛距離を狙う「アイアン、ウエッジ」、ボールが穴の近くにあるとき使う「パター」です。

 

一打目を打つときにはボールをクギのような形をした「ティー」という道具に乗せて「ティーインググラウンド」というところから打ちます。ボールにティーを乗せることを「ティーアップ」と言い、各コースの一打目を「ティーショット」と呼びます。ボールがまっすぐに飛ぶことを「ストレート」と言い、右打ちの人が打ったボールが大きく右方向に飛んだ場合は「スライス」、左方向に飛んで行った場合は「フック」と言います。

 

距離はセンチではなく「ヤード」で測ります。1ヤードは約90センチです。コース内にある池や砂地を「ハザード」といいます。

 

また砂地のことは「バンカー」と呼びます。ボールを入れる穴は「ホール」と呼び、ホールの周りは芝が短く刈り込まれていますが、その場所を「パッティンググリーン」と呼びます。コース内のホールナンバーを「1番ホール」や「5番ホール」というように呼びます。

 

1ホールから18ホールまでを一巡することを「1ラウンド」と言います。ボールを打った回数を「スコア」とよび、規定打数ぴったりのスコアの場合に「パー」と呼びます。また規定打数よりも一打多いと「ボギー」、多いと「ダブルボギー」と呼びます。

 

規定回数よりも一打少ない打数でホールを回り終えると「バーディー」、二打少ない場合は「イーグル」、三打少ない場合は「アルバトロス」と呼びます。一打でボールがホールに入ることを「ホールインワン」といいます。

 

プレイは想像以上に簡単

ゴルフのプレイ自体はとても簡単です。クラブでボールを打って穴に入れるというシンプルなものだからです。小さな子供から年配者まで年齢や性別を問わずに楽しめるので、世界中の多くに人に愛されているのでしょう。しかしシンプルでありながらも奥が深く頭を使うという頭脳的要素も必要なので、それもまた多くの人を魅了する一面だと言えそうです。

 

ゲームの方法は2種類あり、「マッチプレー」形式だと、マンツーマンでゲームします。この方法では一つのホールをまわるたびに打数の少なかった方が勝ちとして勝負していきます。

 

「ストロークプレイ」方式だと一度に何十人また多いときには100人以上の人たちがゲームに参加し、トータルでのスコアが1番低かった人が勝者となるゲームです。

 

またゴルフ初心者のための「スクランブルゴルフ競技」というゲームがあります。4名が1チームとなってゲームに参加します。全ホールのティーショットは全員が打ち、それ以降のショットはチームのうちで一番良いショットのボール地点からまた全員でボールを打つという方法です。

 

ゴルフは多くのスポーツと違って審判がいません。だからこそプレーをするときにはルールやチケットまたマナーを守ってプレーをすることによって、楽しくゲームすることができます。

 

まとめ

ゴルフはプレー自体が非常に簡単なので性別を問わず子供から大人まで楽しめるスポーツです。

 

世界中にゴルフを楽しんでいる人たちがいますから、ゴルフというスポーツで人種や国籍を問わずたくさんの人達とコミュニケーションとったり、新たなネットワークを広げたりすることもできるかもしれません。

 

またメンタルスポーツと言われるていることから、メンタルトレーニングの一環としてゴルフを始めることもできるでしょう。心を安定させて芝の流れや風向き、地形を読みながらボールを打っていく、確かにメンタルトレーニングになります。

 

さらには休日の趣味や気分転換として楽しむこともできるでしょう。ゴルフコースは自然の豊かなところに設置されていることが多いので、気の合う友人たちとコースをまわるだけでも日頃のストレスや疲れもリフレッシュするにちがいありません。

 

自分にあった楽しみ方をきっと見つけられるでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連ページ

ゴルフクラブの種類と使い分け
ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離が出るため、主にティーショットに使われるクラブです。ドライバーは「ウッド」というクラブの種類の中の1つで「1番ウッド」(1W)とも呼びます。しかしどちらかと言うと「ドライバー」という呼称のほうがよく知られています。
ゴルフを練習する方法とコツ
ゴルフの練習といえばやはり王道なのは打ちっぱなしに行って練習をするという方法でしょう。実際に打ちっぱなしの練習場に行ってみると多くの人で賑わっています。みんなゴルフが上手くなりたいという思いで打ちっぱなしに通っている方が多いと思います。
ホールインワン保険とはなにか
ゴルファーであればだれでもいちどは経験したいと思う偉業がホールインワンでしょう。たった1打でボールをカップに沈める、これ以上の快感はゴルファーにはありません。ホールインワンを達成できる確率は非常に低く、一生に一度達成できるかできないかと言われる程の確率です。
ゴルフコースの仕組みとまわり方
ゴルフコースでプレイを楽しむときはラウンドを回る流れを頭に入れておくと、スムーズにプレイができてゴルフ充分に楽しむことができるでしょう。まずゴルフ場への到着ですが、少なくともスタートの1時間から1時間半前には着くように家を出発しましょう。
ゴルフのルールとマナーの基本
ゴルフはプレイする上でのルールがあります。ルールは意外とたくさんありますが、全部覚えなければプレイできないというわけではありません。基本的なルールを覚えておけば、プレイを楽しむことができます。
知名度の高いゴルフの大会とその概要
今年は日本勢の中では松山英樹選手が活躍し多くのゴルフファンを楽しませてくれた全米オープン。この全米オープンは古い歴史があり、世界のゴルフトーナメントの中でも最も盛り上がりを見せる選手権の一つでもあります。全米オープンは正式には全米オープン選手権といい英語ではU.S.Open Championshipと表記されます。
ゴルフクラブブランドの種類と魅力
ゴルフクラブのメーカーは非常にたくさんありどれ選んだら良いのか分からない、と頭を抱えてしまう人もいるでしょう。よく知られているブランドとして少しあげるだけでも、外資系のキャロウェイ、タイトリスト、テーラーメイド、すでにゴルフ業界から撤退していますがナイキなどがあげられます。
ゴルフに必要な道具と揃えるのにかかる金額
ゴルフクラブ一式揃えるのにお金がかかりそうと思ってしまう方が多いのは事実です。ゴルフは紳士のスポーツと言われ格式の高いイメージがあるからです。では実際にゴルフをするためにどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
10%安く買うならライザップゴルフオンラインがおすすめ
ゴルフをこれから始めようと考えて、ライザップゴルフのレッスンを申し込まれた方にお得な情報があります。まだゴルフ用品を何も持っていないとか、これからゴルフショップを回ろうかと考えているなら、ぜひネットショップをご利用ください。
無料カウンセリングの中身と申込方法
ライザップゴルフに入会するかどうか迷っているなら、まずは「無料カウンセリング」を申し込んで見ると良いでしょう。入会前なら料金が全く発生しませんのでカウンセリングを受けた後に自分が良いと思えば入会できますし、自分には合わないと思えば入会しなければ良いのです。
ゴルフスクールの料金相場
ゴルフが早く上達したいと思っているなら、ゴルフスクールに通うことをお勧めします。自分1人の練習では気付けない点や正しいフォームなどをインストラクターからきちんと教えてもらうことができるからです。
個人でできるゴルフの練習内容
どんなスポーツでもそうですが、上達には練習が欠かせません。ゴルフもまた同じです。ゴルフの場合頻繁にラウンドに出ることがなかなか難しいので、日頃の練習が実際にラウンド回ったときのスコアに大きく影響します。
ゴルフの打ちっぱなしの魅力と活用方法
クラブを新しくしたりゴルフを始めたばかりの人は、まずクラブに慣れることが上達の第一歩です。それぞれのクラブの素材や特性によってショットした時の感覚が違いますから、実際にボールを打ってみて慣れていくことが大切です。